看護師給料と働き方

看護師給料ナビ

看護師の給料は働き方によって多種多様。その実態とは?転職を考えるポイントとは?

看護師給料と働き方

看護師の給料は、持っている資格と働き方によって様々です。

平均年収は、475万円前後と言われていますが、どのような医療機関で、どのようなポジションで働くのかによって、大きく異なります。

実際の数値では、最も平均年収が高い医療機関は、公立病院で590万円前後だそうです。

次に高いのは、国立病院で550万円前後だそうです。

クリニックなどでは447万円となっています。

クリニックでは夜勤の有無もあるので、給料は当然ながら低くなる傾向があります。

また時給制で働く場合は、平均2000円程度で、平均年収は300万前後だと言われています。

待遇の良い病院は、一般的に退職者も少なく、人気があるため、求人も少なくなるようです。

給料が高い場合、勤務形態そのものがハードな場合もあります。

より良い待遇を求めて、転職を考える人も少なくありません。

看護師は同じ職場に長く勤務する人が少ない傾向にあり、一定期間で転職する人も多いです。

転職を希望する時は、給料のほかに、人間関係、教育制度、スキルアップなどの希望も考慮して、慎重に決めましょう。

転職に役立つものとして、看護師転職サービスがあります。

より良いキャリアを持つ人が集まってくると考えられていることから、医療機関からも信頼のおけるサービスとして活用されています。

サイトQRコード

QRコード

おすすめリンク(外部)

医療法人偕行会 偕行会城西病院